読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

押忍! 力押しだぜ、往生せぇやぁ!

明日、仕事だってのにこんな時間まで狩りしちゃったじゃない!

はい、筆者が悪いです。ほいほいっと。
だってねー、久しぶりに楽しい野良プレイだったんだもの。父がフラっと入ったところの部屋主さんがなかなか強いらしくて、一人抜けたところ見逃さず、筆者も突入してみました。そしたらその部屋主さん、なんとハンマー。後で分かった事だが、村クエをしっかりやってからオンに来たみたいなギルドカードだった。多分そう。

で、内心筆者は『ハンマーかぁ…』と思った。筆者もハンマーを担いでいるわけで、上手くやらないと攻撃が干渉しあうこと請け合いなのだ。ハンマー2人でやる時の定石は餅つきだ。モンスターの頭の側で、左右に分かれて餅つきしてるみたいに叩くっていう戦術。こうすると2人とも干渉しあうことなく、頭に攻撃を入れられる。これができる人なら筆者もハンマーで行っても良いし、むしろ楽しいからハンマーで行きたい。でも、今まで弟子としかできた事がないんだよね。

できたよこの人!!!

筆者、もう飛び上がるくらい嬉しかった。
思わず滅多にしないフレンド申請までしちゃったよ。それくらいには楽しかった。あと、お食事券もよく使ってくれたし、チャットもしてくれるし、本当に楽しかったな。回復薬グレートをお礼にプレゼントしておきました。そしたらそこに大剣エリアルのハンターがもう一人。防具バラバラのノースキルだったんで、んむ?って思ったけど、プレイ自体は普通に上手かったです。狩技のタイミングが絶妙に良いのよね。人は見かけによらないってことかな。

こうして、
ブシドーハンマー2人。
エリアル大剣1人。
ブシドーホルン1人。

という、超力押し軍団が編成された。
そしたらもう後は修羅か悪鬼か羅刹か神か悪魔かラオウ呂布というような、しばかれるモンスターの方が気の毒になってしまうという状況。もう、ボッコボコのぎったんぎったん。モンスターグチャグチャになってんじゃないの?ってレベルで殴りまくっていた。

ただ、こういうことになると油断するのが筆者である。リオレイアといえば、狩ってて楽しいモンスターの上位候補ではなかろうか。筆者もご多分に漏れず、リオレイアを狩るのが大好きなハンターの1人である。シリーズ通して700近くは狩っているのではなかろうか。3rdで確か300くらいだったはず。試し斬りといえばイャンクックではなくリオレイアの標語を作った程だ。まぁ、筆者はリオレイアは得意中の得意なわけですな。

ちょうど、都会の色男が田舎の純朴な少女をいとも簡単に口説くように。(かなりの偏見と妄想が入っています。)

ともかく、リオレイアはお得意様なわけだ。
だから筆者が油断したとして、いったい誰が筆者を責められようか。例えオチたとしても誰が筆者を責められようか!!!???

そうなんですよ。
オチちゃったんですよ。
やっちゃったなぁ…。

あと、最後に行ったホロロホルル。
あれはハンマー2人で行くべきではなかった。というか、火力近接4人で行くべきではなかった。攻撃がどう頑張っても干渉して、途中から誰が誰と戦っているのか分からないという大混乱の大乱戦となった。ホロロホルルの鱗粉はこれだから危険なのである。(関係ない。)

と、まぁ。
久しぶりに楽しい野良プレイでした。
お二方とフレンドにもなったので、また狩れたらいいな。でも筆者、のんびりプレイし過ぎてるから置いてかれるかも知れない(・ω・`)

最後に、リオレイアソロ狩りしたよー。
マボロシの逆鱗も獲れたよー。
特に需要がない時にサラッと出るよな、コレ。逆物欲センサーかな。

おお、こわいこわい。

f:id:schilf:20151212040557j:image

ブナハにアイアンハンマー。
強いんだぜ!