読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

矛砕の魂に心砕かれた話ィ

とあるハンターの狩猟日記 モンスターハンター 日記
昨日はこのモンスターと連戦していた。


f:id:schilf:20160113130918j:image

そう。
かつて筆者をその左鋏で一撃の元に轢き潰した二つ名モンスター、矛砕だ。

何故この、やってても面白くもないし金にもならないモンスターと連戦していたかというと



矛砕の魂


これを発動させてみたくなったのだ。それで最初は討伐数5とかそんなんだったのが27になるまで狩って狩って狩りまくっていた。いやー、疲れたわ。カニ祭り。まぁ、別記事で書こうと思うが高校時代の友達Skypeでバカ話しながら狩っていたから、なんとか乗り越えられた感じである。それが無かったらただの作業でしかない。

で何とか矛砕の魂が発動。これで発動スキルは

業物
精霊の加護
泡沫の舞
死中に活

となった。それに強走薬集めで奔走する筆者を見兼ねて友人がアドバイスをくれ、筆者はちょっと特殊なスキルを発動させた。

キノコ大好き

なんかちょっと、言葉の響きがイヤなのだがそんなことも言ってられない。これはどんなスキルかと言うと、キノコが食べられるようになって、各キノコの効果が得られる。というものである。


例えば、アオキノコを食べたら回復薬の効果。マンドラゴラを食べたら秘薬の効果、と地味なスキルながらその効果の恩恵は計り知れない。で、クタビレタケを食べると強走薬の効果が得られるのだ。

これで筆者は強走薬をケチる事なく、ずっとピュンピュンピュンピュンと鬼人化ジャンプをやり続けられるようになったのである。


それにしてもね、二つ名装備大変だわ。逆鱗や紅玉集めしてたのがヌルいくらいに。もうなんか途中から『もう…いっかな…。』とか思ったくらいにはキツかった。そうそう、レベル6からは報酬においてランダムではあるが低レベルの狩猟の証が出ることがある。

なので、とりあえず6まで進めて6を必要枚数集めてから足りない分を取りに行く戦法をとった。(矛砕の魂の発動は強化レベル6から)

結果的には必要な低レベル狩猟の証なんて入って来ませんでしたけどね!

それでも、あとちょっと。
レベル3.4.5と3回ずつ行けば完成する。筆者達はもう食傷気味のカニの討伐へ再三、出撃。20回も連戦してりゃ、そりゃ馴れてきたもんでシャッシャッと料理。以前はシャッシャッと料理されていたのに。


そしてレベル3.4.5も無事目的枚数を集め終わって、いざ!ビバ!強化!

『あー、やっと苦行が終わる…。』
『おつー…。』
『うー…。』
『ホンマありがとう…。』

などなど、疲れ切った声が聞こえる。
筆者、それでもウキウキしながら準備エリアの加工屋の元へと早足に向かい、残りの防具の強化をせっせと行った。

ところが



『6が1枚足りねぇ!』


筆者の断末魔が準備エリアから響き渡る。
その瞬間にゲラゲラと笑い出す友人2名。


『苦行終わってねぇ!』
『さすがお前やで!』

などなど、とても笑われた。
筆者ももう疲れを通り越して自分のアホさ加減に笑えてきて、もう一度出撃。

そして何とか、矛砕の魂を発動させた。
いやー、最後のアレは心砕かれたわ。

でも、楽しい狩り友達を持ったなぁ。
この2人は別記事で紹介しますね(笑)






PS  どうでもいい事です。タイトルなんですけど、『たましい』と『はなしぃ』と掛けてるんです。決して打ち間違いではありません。筆者、すごいスピードで書いていくし見直しあんまりしないから誤字脱字多いけどね。