読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

破壊の魔神、覚醒

とあるハンターの狩猟日記 モンスターハンター 日記 MHX モンハン
昨日、胸につっかえていた色んなものが取れて再びのんびり狩猟生活を再開しました。

さてさて、昨日なのですが属性属性とうるさかった我がチームのエースアタッカーであるケンシロウドボルベルクドボルベルクと連呼し始めました。ナンダナンダとやっちゃんと筆者は訊ねる。するとどうも防具を作りたいらしく、筆者とやっちゃんはドボルベルク狩りを手伝うことに。

ケンシロウ、どうもドボルベルクのコブが欲しいらしい。ぶっちゃけコブなんてコブを部位破壊すれば手に入る実にちょろい素材なので、筆者達はよゆーのよっちゃんでクエストに出撃したんですな。

ところが、コブだけ一向に出てこない!

筆者が狩りをしながら、討伐後の60秒とその後クエスト出発までで書き留めるメモによれば


1回目   0個
2回目   0個
3回目   1個 (やっちゃん7個)
4回目   1個
5回目   0個

6回目   8個

という結果に。ホントなんなんだろうねこれ。でもまぁ1クエスト8分くらいで回せるからそんなに大変でもないんだけど。やっちゃんが見切り+3にした紫毒姫魂装備にガノトトス片手剣持ってきてるから睡眠爆弾がすごいから。逆に今日はなんかやたらとケンシロウの調子が悪かった(笑)

回避しようとして回避行動するも、エリアルなのでやっちゃん踏んでしまって飛び上がり、飛び上がったとこをドボルベルクの尻尾で撃墜されるという。その様を見てニヤニヤする筆者も決して調子が良かったとは言いがたく、ドボルベルクの上じゃなくて前方にぶっ飛んでくるやつに当たりまくる。


『さすがアキラやでw』

と、失礼千万なことを口走るケンシロウ。筆者は全く覚えがないが、このドボルベルクのぶっとび攻撃には3rdの頃からお世話になっているらしい。筆者そんなにあの攻撃に当たってたのかなぁ。でもまぁ、今こうして当たりまくっているのだから、きっとそうなのだろう。

で、6回目になんとかコブを大量に仕入れる事に成功。そしたら次はドスファンゴ狩り(笑)大猪の硬い皮が足りないんだと。筆者達は雪山へと繰り出した。首尾よくドスファンゴを見つけて乗りを極める筆者。すると…



ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!


と、走り回るドスファンゴ。そう、ドスファンゴは乗ると、ハンターを振り落とすためにそこら中を走り回るのだ。必死にしがみつくアキラ。そしてその前方にケンシロウ!!!


ケンシロウ、頭の上に『!!!』とビックリマークを飛び出させて背中を向け、ダッシュして左に曲がる。するとドスファンゴも左に曲がって、あろうことかケンシロウに衝突した!!!




『wwwwwwww』


と、大笑いする筆者。なんだか反社会的なゲームしてるみたい。ていうか、乗って暴れるドスファンゴに仲間を轢かせるの楽しいwww

筆者、次に乗りを極めたときは乗りゲージが限界になるまで粘って、ケンシロウとやっちゃんを跳ね飛ばしてやったwww


で、だ。
ようやくケンシロウの欲しい素材が揃ったらしく、早速加工屋に出向いて何やら装備を作ってもらい、作りたての鎧を着て出てきた。


f:id:schilf:20160202030807j:image

『!!!』

今度は筆者が驚く番だった。ここまで破壊のみに重きを置いた大剣があっただろうか? しかもこれ、やっちゃんの広域怪力の種を使ったり、斬れ味が落ちたりして攻撃力があれやこれやになって最終的にはこちら。

f:id:schilf:20160202030958j:image



300越え

今作で攻撃力が300越えるってなかなか無いぞ。これでこそエースアタッカーの名に相応しい。その代わり防御力はまだ強化してないらしく300無いんだけどね。しばらくしたら『日記に載せるんやったら、これも載せて。』筆者がこのこと日記に書くのお見通しらしく、下の画像を送ってきた。

f:id:schilf:20160202031414j:image

『珍しく頑張って計算してみた!』とのこと。うん、確かに珍しい。

そんなこんなでギルドカードの称号
世紀末の怪物
に相応しいパラメータになった。

で、色々と狩りに行ってみたんだけど、その攻撃力たるや破壊神か魔王か、とにかく圧倒的破壊力。斬れ味? 落ちたら攻撃力上がるけど?
暴虐無人ぶりである。

それで調子に乗ってると、そこにあねこという大剣使いさんが入室。珍しくギルドスタイルである。確か、腰だけセルレギで抜刀会心と溜め短縮が発動していたと思う。ちなみにこの方、しばらく狩りに行ってみて、けっこう気が合いそうだったので、フレンドになりました。そのうち、また紹介するかも知れません。

で、この4人で色々と行ってました。
まさか上位ガムートを2分で仕留められるとは思いもしなかった…。


怪物、覚醒です。