読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

貫け! ハンマー道!

あれやこれやと武器とスタイルを取っ替え引っ替えしている筆者。過去作から考えると使用回数100以下の武器はない。一番低いのがダントツでホルンだけど、それすら100は越えている。こんな筆者ではあるが、やっちゃんにはホルンと弓、ケンシロウにはガンランスと大剣、ランサー猫にはランス、大塚角満さんにはガンランスという風にその人の代名詞となる武器がある。

筆者の場合、それは、ハンマーだ。
f:id:schilf:20160203163655j:image


この前、久しぶりにハンマーを持ち出して行った時にランサー猫に『アキラはやっぱ、ハンマー持ってる時が一番輝いてるよ。』と言われて単純な筆者は、いとも簡単にエリアル操虫棍をやめて、ゴミと名高いエリアルハンマーに手を出したのである。

『踏むんならオレを踏んで! ランス基本的にモンスターの間近にいるし、踏み台!!! って言ってくれれば踏みやすいように止まるよ!!!』

とまで、ランサー猫は言ってくれた。
この人ホントにランサーの鏡だわ…。
モンスター手前で踏めるとメッチャ攻撃当てやすい微差ではあるが、攻撃タイミングが早くなるのですごい助かります。

筆者がハンマーを使い始めたのは2ndGの頃まで遡る。確か、だけど、狩王の『もうゲネポ』のお二人がハンマー✖️ハンマーでティガレックスの頭を餅つき(二人でお互いの攻撃が被らないよう頭を殴りまくること。)をしている動画を観て『ハンマーかっけぇぇぇ! あっしもハンマーでモンスターの頭をぷちぷちしてぴよぴよにしたい!』と、叫んでハンマーの柄を握ったのである。

もちろん最初は癖のあるハンマーを上手く使えるはずもなく、『うおりゃあああああ!』と怪気炎を上げながら突進してはスジャアアァァァァ!とモンスターに轢き潰されていました。それでもめげずにハンマーを練習し続け、ハンマーが一番安全な武器と豪語するにまで成長した。ハンマー、攻撃できるタイミングが割と限られてるから、深追いしたりタイミングをミスったりして被弾することが割と少ないと思うんです。そのかわり筆者の使い方では、攻撃タイミングが極端に限られてくるんですけど…(・ω・`)

で、最近は、プロハンターさんも『あれは邪道だ。』とまで言っていたエリアルハンマーに手を出してみたんですね。ネットではザコザコと酷評のエリアルハンマーがどんなもんかと。そして、そんなザコのエリアルハンマーを見事使いこなして伝説のエリアルハンマー使いになろうという野望を抱いたわけです。

まぁ、最初にそれを持ち出したのがあろうことか金火竜リオレイアというバケモノだったので、筆者はエリアルハンマー、マジでザコじゃん!!!』と、己がザコなのにネットと同じ酷評をしてしまう。

それでブシドーハンマーに持ち替えるも、心のどこかでエリアルハンマーを諦めきれずにちょこちょこと使ってみていた。そして筆者は気付いてしまった。『ブシドーやギルドのような立ち回りで、そこにジャンプを加えただけではエリアルハンマーの真価は発揮されない。』と。これは根本的に立ち回りの仕方を変える必要がありそうだ。

ハンマーといえば、頭を叩いてナンボの武器だ。なのでハンマーはひたすら溜めたまま機会を伺い、チャンスが訪れると一気に攻め込む。ただ、エリアルハンマーの溜めはカチ上げで終わるので火力に乏しい。となれば手数を増やすために、ひたすら走ってジャンプ攻撃をして、そこからの連携でアッパーやジャンプ攻撃を連発した方がいい。

これが見事にハマり、乗って叩いてスタンを取るという、手数の多いハンマーになった。やはり色々と試してみないと分からない。そしてやはり、ハンマーは楽しい(笑)



筆者といえば、ハンマー!!!