読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

にゃん様の美技に酔いな!

とあるハンターの狩猟日記 モンスターハンター 日記 MHX モンハン
筆者達の部屋というのは、部屋を立てたと思ったらソッコーでフレンド達で埋まってしまう謎に倍率の高い部屋のようだ。『空くの待ってた。』『最近、覗くと常に満員だから諦めてる…』などなど、嬉しいやら申し訳ないやらでダブル平身低頭であります。

だが、昨日は21時12分まで珍しく1人もフレンドが来なかった。

そして、21時12分に初めて来てくれたのが、タイトルロールのにゃんさんその人である。『明日の記事はにゃんさんかなー?』と筆者がふにゃらと言うと『なんか面白いことしなきゃ!』と、にゃんさん。その発言だけで十分です(笑)さぁさぁ待ちくたびれたぜ、狩りの時間だ。にゃんさんの行きたいクエストを貼ってもらう。

汝ノチカラヲ、見セテミヨ

というクエストがボードに貼られる。
獰猛化したリオレウスジンオウガ、ラギアクルスを討伐するという、なかなかに骨の折れそうなクエストだ。だが筆者とやっちゃんは狩りたくて狩りたくて仕方なかった、1週間絶食したイビルジョーのようなもの。ウンギャラウンギャラ騒いで孤島へと向かった。


しかしどうも、最初のリオレウスに手間取ってしまう。だが前の日記でも書いたが、にゃんさんは『持ってる人』の称号に相応しく、筆者がリオレウスの火炎を受けて火だるまになった直後にリオレウスを撃墜&マヒを極めてピンチを救ってくれる。

やっぱり、にゃんさんは持ってる!
こんなスーパーミラクルプレイが都合よく2回も3回も続くものか。続くんですこの人! 本当に絶妙なタイミングでマヒが入ったり乗りが決まったりするんです!  そして今回はやっちゃんが紫毒姫魂に麻痺片手剣、にゃんさんが麻痺の操虫棍という麻痺麻痺コンビ。筆者、実に快適にハンマーで頭をぷちぷちできました。

苦戦しつつもリオレウスを倒し、ジンオウガも難なく片付けて、残るはラギアクルスのみ。ラギアクルス戦も序盤は非常に快適に回った。だが、さすがは獰猛化個体。すさまじい放電で筆者達3人は屍の山を築き、あえなく3オチ。クエストは残念にも失敗となった。

にゃんさん、用事があるらしく一旦落ちる。

すると今度は龍yanが来てくれて、1クエストだけ遊んでくれました。獰猛化テツカブラ3体というクエスト。龍yan、初めて会った時よりも確実に大剣が上手くなってて、実は毎回会うのが楽しみだったりします。(ナイショよ❤︎)

で、龍yanはお友達に呼ばれたらしく、集会所を抜けて行った。で、テツカブラ3体を倒している間に、にゃんさんが戻って来ていて、クエスト終わるの待っててくれました。さあさあリベンジだ。そこに丁度、ランサー猫も参戦!











筆者
『ランスマンです。』

にゃん
『なんかカッコいい。』


















これは実にいい布陣だ!

筆者達はリターンマッチをしに、再び孤島へと殴り込みをかけたのである。そしてやはり序盤のリオレウスに手こずる。しかし、にゃんさんの乗りが決まってから流れがガラリと変わり、連携が決まりまくる。

にゃんさんの乗り→筆者のスタン→麻痺→落とし穴→麻痺→スタン

みたいな感じ。
ランサー猫はランスマンらしく、筆者をリオレウスの火弾から盾でガチーンと護ってくれる。惚れてまうやろ。

そして更に麻痺が入り、筆者はリオレウスの足元に罠を設置。麻痺が消えた瞬間に再びシビレるリオレウス。そのシビレが終わる頃に今度はランサー猫が尻尾を切断! そこから更に、にゃんが滞空するリオレウスを撃墜!

見事なまでの連携プレイとスーパープレイ、そして、やっちゃんの広域回復と麻痺援助も忘れてはならない。その数々が重なり、アッと言う間に先鋒のリオレウスを撃破した。続くジンオウガ乗り、麻痺、スタン、罠の無限ループで、これまたアッと言う間に倒してしまった。

さぁ、問題は次だ。
ラギアクルスだ。


先ほどの雪辱、晴らしてくりょうー!

流れが完全にキテる筆者達は、そのままの勢いでラギアクルスに対峙した。まず1発目には、やっちゃんの設置した落とし穴に出現した瞬間に引っかかるラギアクルス。そこからの流れで麻痺、スタン、ランサー猫の罠、麻痺、スタンと途切れることなく連携を極めていく。

そして『もう続かないかなぁ』というところでキッチリ仕事をするのが『持ってる人』にゃんさんである。見事に乗って流れを繋いだのだ!

筆者、こんなに頭を叩き続けられたクエストは初めてです。2分くらいは頭を叩きつづけたのではなかろうか。

だが、このラギアクルスはべらぼうに体力があって、こんなに連携を繋いで、その間筆者は頭を叩きまくっていたというのに弱らない。だが、こんなに調子の良い筆者達が遅れを取るわけもなく、時計の針が20分を指す頃に、ラギアクルスは倒れたのであった。


しかしまぁ、やっちゃんとも話していたのだが、にゃんさんは持ってる。あんなに連続で、ナイスなタイミングで決められるというのが凄い。これを狙っていないのであれば、それこそ正に持っている。

狙っていたとしても、すごすぎる。


さてさて、今は恒例となりました。



しょーりのぽーず!
f:id:schilf:20160207034031j:image



とても、気持ちのいい狩りでした♫



番外編

この後、LYNXさんが部屋に来られてランサー猫と共にアレヤコレヤと狩りに行きました。装備がザザミに変わっていた。