読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

円舞獰乱

おそらく、このクエストが今作の最難関クエストではなかろうか。新たに配信される可能性がある歴代最難関クエストを考慮してみても、やはりこれに勝るクエストは指折りであろう。


双獅激天
武神闘宴

もはや、これくらいしか、円舞獰乱を超えそうなクエスト名は出てこない。だがとりあえずは今のところ、このクエストが現在出ているクエストの中では最難関であろう。

ネットの腕っこきハンター達のコメントを見てみても、その鬼畜っぷりが分かるというものである。

このクエストは柵で分断すらできない状態で獰猛化した金と銀を同時に相手しなければならない。そろそろお開きムードが流れ始めた集会所で貼るようなクエストではない。

にも関わらず、筆者は貼った(笑)


最初の方こそ

あっし
『勝てなくてもいいから、どんなもんか見てみたいんだよね〜。これ一回行ったら寝る。』


なんて言っていたんだけどなぁ。
途中からガチンコにwww

その時の模様を途切れ途切れ、断片的ではあるが記憶を元に記していく。(メモなんて取ってる余裕はありませんでした。)


今回はやっちゃん、ランサー猫、筆者の3人での挑戦となった。それぞれのステータスを書いておこう。筆者こういうの大好き。




アキラ
隻眼装備一式
隻眼将軍のダイトウ

スキル
連撃の心得
根性
精霊の加護
闘魂+2
気絶無効

攻撃力 205
毒 34
防御力 541




やっちゃん
荒鉤爪一式
セイリュウトウ【兇】

スキル
広域化+2
抜刀術【技】
早食い+2
高級耳栓

攻撃力 200
防御力 613




ランサー猫
EXレイアS一式
強襲槍ヴェルファー

スキル
ガード性能+2
根性
スタミナ急速回復
ガード強化

攻撃力 215
水 32
防御力 563




以上である。
これはあくまで最後に着ていた装備で、負ける度に、アレでもないコレでもないと装備をいじったりしていた。そこで学んだのは、属性耐性って大事だなぁ。ということである。こんなことがあった。

筆者は隻眼ガルルガの装備で最初は行っていたのだが、途中で斬れ味レベル+2と業物が発動するグリード装備に変更した。この時、火耐性は10から一気に➖10にまで落下。防御力はグリードの方が高いのに、隻眼では耐えられた炎ブレス1発で即死してしまったのである。



属性って大事だ。



このクエストをクリアするために重要なのはいかに1頭ずつ相手にするか。ということである。そのためにまずは、けむり玉を持って突入し、エリアに着くやいなや煙幕を張り、片方を全員でやるしかない。そして、コミュニケーションを取りながら煙幕を絶やさないようにするのだ。

でもまぁ、こんな極限なクエストをやっていればトチ狂ってやらかしても仕方ない。


1対3でやっていた金レイア。
筆者がレイアの尻尾を斬った、くらいでやっちゃんが壮絶に昇天。だがまぁ、金レイアにもかなりダメージが蓄積されているだろうし、このままいけば勝てるかもしれない!

ランサー猫と2人で戦っていたら、キャンプからやっちゃんが戻ってきた。そしてそのまま迷わず銀レウスの方へ走って行って攻撃!

って何故!?






あっし
『ちょ! 何しとん!?』


やっちゃん
『え?うわああああ!?』




どうやら、テンパりの極限にまで達してしまったやっちゃんは金と銀の見分けもつかなくなってしまったようだ。で、結局この時は大乱戦になって、金と銀をどうも捌ききれずに、あえなく3オチを計上してしまう。

さて、仕切り直しだ。
筆者、けむり玉を持って突入…



テェン!!!



ちょ、なんで両方ともに見つかっちゃってるんですかぁぁぁ!?






ハイ。

テロン♫

(リタイア)


ていうのがもう1回あって、3オチが2回あって、続く5回目か6回目。この時は銀を先にやっていた。ランサー猫が序盤から罠を連発して徹底的にダメージを稼ぐ。なんと調合分まで仕掛けてくれた!  負けじとやっちゃんも罠を連発!

筆者も金レイア用にシビレ罠を1つ残して罠を設置。とにかくダメージを入れまくる。これが功を奏し、15分ほどで銀レウスは討伐!

けむり玉のストックが切れたくらいで丁度倒せた感じである。さぁ、後は金レイアのみ!

この時点で2オチしているから、とにかくいのちだいじに! を合言葉に筆者達は金レイアへ踊りかかるほど勇猛果敢ではないので、慎重に攻撃を開始した。


金レイア討伐のキモはあの危険な尻尾をどれだけ早く斬って、サマーソルトの弱体化ができるかどうか、である。

筆者はこの時のために、鏡花の構えを尻尾に当てる練習をしてきたのではあるまいか? やっちゃんとランサー猫の閃光玉の支援にも押されて斬りまくる!

通常時はひたすら脚を斬って転倒を狙う。なんだか初代の頃に戦い方が戻ったようだなぁ。今から思えばそうだ。

そしてついに尻尾が斬れた!
もう勝利は目前にまで迫っている!

なんかやっちゃんが更にテンパりの極みに達して、走り回りながら突然、何もないところに大タル爆弾Gを置いてるけど、きっと大丈夫だ!!!


筆者、ここで最後のこの時のために取っておいたシビレ罠と大タル爆弾Gを設置!



みんな
『これで最後だぁ!!!
くたばれぇぇぇぇ!!!』



















ー目的を達成しましたー
















みんな
『シャァァァァァァ!』


沸き立つ3人。
筆者がクエストクリアしたら写真撮るからね、と2人に言ってあったので、並んで撮影!


けど、ここでもまだテンパりが治らないやっちゃんはマゴマゴしていた(笑)


f:id:schilf:20160325142753j:image
f:id:schilf:20160325142803j:image


3人は久しぶりの激闘を越えて

『こんな達成感はいつ以来だろうか……?』


などと、眠い声でぼんやりと勝利の余韻に浸っていたのであった。


それにしても…


筆者とランサー猫は声を揃えて言った。



あっし     ランサー猫
『やっちゃんの早食い広域回復が無かったら、何回死んでるか分からんwww』