読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

ブルファァ! に轢かれた。

とあるハンターの狩猟日記 モンスターハンター 日記 モンハン MHX MHX日記
ずっと重射弓の筆者です。
ちょっと今回は軽い短めの日記です。

久しぶりに、あまりにもアホらしいオチ方をしたので書きたかったんです。


筆者は遂に勲章が残り

二つ名モンスター
最大金冠
最小金冠
レベル50オトモ5匹

のみとなりました。
これにケンシロウが触発されまして『アキラ勲章のとこほとんど100やん。ええなぁ。俺もやろ!』と、火が点いたようです。そのケンシロウの勲章集めを手伝うという形で、2人で早い時間にアレヤコレヤと色んなクエストに出向いております。

で、面倒なニャンタークエストやらを昇華して行っていたんだけど『デカイの狩りたい!』となるのはハンターの性というもの。そこでケンシロウは荒鉤爪の6を選択。このクエストは極圏にて荒鉤爪とドスファンゴを討伐するクエストだ。筆者はもちろん弓を背負っての出撃である。


まずはドスファンゴから倒して、狩り中の事故を防止するというのは、恐らく皆さん同様の手法ではなかろうか。筆者とケンシロウもその策を採った。しかしまぁ、筆者が少々、火力に欠ける弓なので攻撃力の高い攻撃を連続で叩き込めない。もはやイノシシの動きではなくなったドスファンゴの大暴走に翻弄される筆者達。

無残にも暴走機関車と化したドスファンゴの怒涛の突進に跳ね飛ばされて、ボロ雑巾のように角っこに吹き飛ばされる筆者。更に悪いことは重なるもので、そこに荒鉤爪の突進が来て筆者は更にぶっ飛ばされる。

体力、残り3ミリ!

これはなんかもう、ボクシングで言うとジャブで怯んだところに手痛いボディブローを食らったようなものである。ヤバイ、逃げなきゃ!と、緊急回避するもトドメのハイキックが遠くの方から…



って!
待て待て!


何か来てる!

アホみたいに顔面揺らしながら、こっちに猛烈な勢いで走って来てる!




ドドドドドドドド!




わーー!!!
来るな来るな!!!
ちんじゃうからぁ!!!



こっちくんな





ドンッ!!!



と、ダイブした後の無防備な筆者に、走り回って元の場所に戻ってきたドスファンゴが猛烈なタックル!!!   そして、お決まりのようにあのメッセージが…







アキラが

力尽きました



あろうことか、ドスファンゴにオトされた…。





Oh…。

モーレツ…。



あ、そうそう。
オチるで思い出した。

筆者の醜態だけでは、なんかアレなので(アレってドレだよ。)リョウさんの醜態も晒してやる。



リョウさんは自分でも言っていることなのだが、よくオチるんだそうだ。だが、筆者が見てきた限りではオチた記憶がない。そんなような会話をしてからキリンに行った。

いつものようにエリアルスラッシュアックスでキリンを乗り潰して攻撃の機会を作ってくれていたのだが、ある時、キリンが前方の広範囲に雷を落とす攻撃を放った。



リョウさん

『ごめん

なさい!!』



と、いきなりリョウさんの謝罪のチャット。
ナンダナンダ!?
と、見てみればキリンの目の前の空中をひらひらと落下していくリョウさんの姿が…。そして、そのまま



ゴロゴロッ!


と、地面を転がって…





リョウが

力尽きました



の、メッセージ。
その帰還後。





リョウ
『言ったそばから
オチちゃいました(泣)』



と、うなだれておられました(笑)

リョウさんは空中でよくオナクナリになりますwww