読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

珍味珍道中・再び

かなりかなり前の日記で、ザザミソを何個か納品するというクエストで全くお目当てのモノが出ず、火山を幽鬼のように徘徊してしまった。という記事を書いたのだが、実は納品クエスト物欲センサーが発動したのはそのクエストだけではない。

筆者の友人達は皆、一様に口を揃えて双頭のラオシャンロンでも見たかのようにこう言うのだ。



『キモが…出ない…。』


と。そのうちの一人なんて、ホワイトレバー3つの納品で最後の1つが出ずに時間切れというところまで追い詰められた。そして筆者も御多分に洩れず、『キモ!キモ!キモ!』というクエストで30分、氷海を彷徨ったが1つもキモを入手できずにリタイアした。

だが筆者はとうとう、四天王の凱旋までクリアしてしまい、残るところ、吹き出しクエストをやるしか無くなってしまったのだ。ハンターランクを解放したら、隠されたクエストが出てくるのであろうが…。

一応、写真。
f:id:schilf:20160227044005j:imagef:id:schilf:20160227044015j:image


この後、配信されていた獰猛化ガムートを裸で討伐するクエストも1人で黙々とやった。

f:id:schilf:20160227044126j:imagef:id:schilf:20160227044134j:image

で、とにかく筆者は残していた面倒な吹き出しクエストを片付けるべく、集会所に向かった。

まずは前述のホワイトレバー3つの納品。
森と丘でケルビを狩り、ホワイトレバーを剥ぎ取って来いというのだ。筆者はさっそくケルビを見つけるとキィェェイ!! という勇ましい(おぞましい)掛け声(奇声)と共に標的を倒してしまった。さぁ剥ぎ取りだ。





ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角暖かい毛皮ケルビの角上質な毛皮ケルビの角ケルビの角ケルビの角生肉ケルビの角暖かい毛皮ケルビの角ケルビの角上質な毛皮ケルビの角ホワイトレバーケルビの角ケルビの角ケルビの角ケルビの角!!!



ぜんっぜん出ない!!!
ハァハァと荒い息を吐く筆者に追い打ちをかけるようにイャンクックが乱入。鬱陶しいので森林地帯の10番へと移動。するとそこにイャンクックが降下してくる!




ついてくんなよ!
筆者大好きかお前!!!


って、よく見たら左下のターゲットカメラのとこにイャンクックのマークが2つあるわ。てことは、イャンクックは2頭いるのね。



メンドクセ


筆者、この後もケルビ狩りをイャンクックに邪魔されるのは我慢ならなかったので、その場で狩り殺すことに決め、イャンクックを葬った。

そして、森と丘をくまなく巡り、ケルビを狩っては剥ぎ取りを行う。しかしどいつもこいつも角角角でホワイトレバーなんて出しやしない。キモのないケルビが多いようだ。ていうか、そうか。筆者は魚をさばくのだけはどうも苦手で、そらが筆者の操作するキャラクターにも影響してたまるか。


とうとうケルビは森と丘では3番のエリアに1頭しか出てこなくなった。筆者は腹いせにもう1頭のイャンクックをシバいてから再度、ケルビから剥ぎ取りを行った。


ホワイトレバー


あれ。ラスト1個があっけなく出た。
これはもしかしてイャンクックを倒してから剥ぎ取りを行うとホワイトレバーが出やすくなるのだろうか?


って、そんなの都市伝説もいいとこですね。

で、結局今回もポーチの中はこんな感じ。
f:id:schilf:20160227045346j:image

25分もかかったよ。

でも、次なる最大難関クエストの

キモ!キモ!キモ!

は、やっちゃんを連れていったら2人ともホイホイとモンスターのキモが出てきて、5分ほどでクリアできたんですよね。



やっぱ、こういうの人と行くべきのようです。