読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

さぬきと狩りに行った

これは昨日の昼頃のお話。
その日の前日。ツイッターでモンハンのこと呟いたら専門学校の時の友達の

さぬき
f:id:schilf:20160130134652j:image

がコメントしてくれて、それから今度狩りに行こうよって話になったのだ。そして昨日、2人で狩りに行ってきた。その模様を書く。(上の写真、色んな人に怒られそう 汗)


まずは彼のプロフィールを少し。
筆者は彼をさぬきと呼ぶがプレイヤー名は違っていてSIGNUMという。でも、さぬきの方が慣れ親しんでいるので、そちらで。
前作はランスをよく使っているのを見た覚えがある。今作はブシドーチャージアックスのようだ。ユーザー歴は古く、初代ポータブルも少しやっていたらしい。筆者が一緒にやろうよ、と誘った時に『ええんか? ザコやで? ゴミムシナメクジやで?』と発言してチーム全員を爆笑させた。ゲームとは関係ないけど高身長のハンサムイケメンです。くたばれ(笑)


さてさて、少し私情(笑)が出てしまったところで狩りの模様も書いていこう。さぬきはまだハンターランクが5なので、とりあえずはランクを上げようという方針で進めていく。緊急のガノトトスで止められていたが筆者とやる前にソロでなんとかクリアしたらしい。彼は筆者と一緒にやるオンラインプレイが初めてらしい。さぬき、よくソロでここまで頑張ったよ…。って…


てことは、下位ディノ装備にゲリョスチャージアックスでガノトトスをソロ狩りしたのか!?


おいおいおいおい。
なにがゴミムシナメクジだよ。そこらへんウロウロしてる他力本願の奴らより全然強いじゃんかよ。多分あいつら、ゴツい武器持っててもドドブランゴすらソロで狩れないよ? 筆者、感心しつつまずは彼の受注したクエスト、リオレイアの討伐へと繰り出した。

現地に降り立つと筆者は首尾よくリオレイアのエリアへ踏み込み、交戦を開始。トトトッとさぬきも現れて2対1となる。筆者、いつものクセで仲間の動きを見ながら立ち回る。するとどうでしょう? 自称、ゴミムシナメクジのさぬきはジャストガードを使いこなし、決して強引に攻めず、確実に攻撃を当ててリオレイア紫ぽこぽこの毒状態に陥れている。ふつーに上手いやんか。

2人でイイ感じに攻めてリオレイアはエリア移動。さぬきは上位上がりたてもいいとこなので、鉱石採取。筆者はモンスターの濃汁が欲しいのでクンチュウ退治。で、2人揃ってから仲良くリオレイアが待つ(この表現使ってみたけど、リオレイアは多分、待ってない。むしろ来んなって思ってる。)エリアへ。

結局、危なげなく終始安定した狩りだった。それからしばらく2人でキークエストを回しているとそこにやっちゃんが来て、二言三言なんか言って出て行った。何しに来たんだ(笑) そうこうしてると次はランサー猫が入室。筆者、さぬき、ランサー猫は同じ専門学校出身、しかも同期というモンハンを通した奇跡の再会を果たした。それから我がチームの守護神、ランサー猫も加え、更にチームのエースアタッカー兼(ピッケル破壊王ケンシロウまでもが参戦。筆者のチームが誇る最強の布陣の1つが完成し、クエストをこなして行った。

そしてめでたく、さぬきはハンターランクが6に上がり、ディノS装備を作るために筆者達と上位ディノバルドへと繰り出した。で、まぁ、だいたい揃ったかな? ってところで本日は終了。


やっぱ、友達とウダウダ喋りながらのんびり狩るっていいね。やっちゃんが早くさぬきと狩りに行きたがっていて、なんか面白い(笑)

今回のミスは2人で写真を撮り損ねたこと。
あと関係無いけど、彼のオトモアイルーの名前見て笑った。とちおとめ、あきたこまちって、女子力高すぎか(笑)