読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラのMHX日記

モンスターハンタークロスのプレイ日記です。ネットで知り合った狩り友達も多数出演中。どんな人でも、ゆっくりしていってね。

隊長アキラ、爆誕

いよいよ明日はMHXX発売日。

三連休なので筆者は(仕事で)大忙しです。もしかしたら筆者の生霊が皆さんの集会所に現れるかもしれませんが、その時は優しく微笑んで「本体に帰ってね。」と諭してもらえるとありがたいです。

 

それでもなお「あっしが本体だ!」などという最早、現実とヴァーチャルの区別がつかないハンターの極みに達していたら、竜撃砲をぶちかますなり、大タル爆弾で吹っ飛ばすなりしてください。お願いします。

 

さてさて、本題。

昨夜、筆者の部屋にいなかった方と筆者のTwitterをご存知でない方はタイトルの意味がわからないと思います。順を追ってお話します。

 

MHXXでは、なにやら防具の合成なるものが可能になるとのこと。賛否両論あり、筆者個人の中でも賛否両論あります。それに関するアレコレは別で書く機会があれば書きましょう。この、防具の合成は、例えば初期装備であるハンターシリーズ防具にリオレウスシリーズの防具の性能やスキルを付けられるというもの。

 

要するに好きな見た目と、好きな性能を組み合わせることができるということだ。ここで筆者が思い付いたのは

 

初代レウス装備を纏い、

竜騎槍ゲイボルグを担ぐ!

 

 

これだ!

筆者のモンハン駆け出し時代の装備である。

初代レウス装備は現在もあることにはあるのだが、性能がちょっとあんまりなので使う気にはどうもなれなかったんですよね…。

 

データ引き継ぎのキャラクターリメイクでアキラ♂を誕生させても良かったのだが、アキラ♀は、それはそれでそのまま引き継ぎたいのだ。なので、筆者はなんとMHXX発売日2日前の昨夜になって男のアキラ、その名も【隊長アキラ】の育成を始めるという愚行に出たのである!

 

ところで、隊長アキラという名前。

由来はパチスロモンスターハンター月下雷鳴の登場人物である【隊長】からなのだが、筆者はアキラでずっと日記をやっているし、やっぱアキラという名前は捨てがたく、PPAPよろしく、ォオォォンッ(合体の音)させたのだが、早くも羞恥が勝って改名したいです。

 

ちなみに、アキラという名前もパチスロモンスターハンター月下雷鳴の登場人物【アキラ】からだが、由来は他にもある。それはAquila(アクイラ)というもので、これはイタリア語で鷲を意味する。そして、発音の問題でこれはしばしばアキラと読まれるのである。なお、イタリアの未完成空母にも、この名前は使われており、航空母艦アキラと呼称されている。

 

更に言うなら、エースコンバット4に登場し、主人公のライバルとなるSUー37五機で編成された黄色中隊とのドッグファイトのBGMの名前もAquilaだったりする。

 

 

 

とまぁ、そんなこんなで昨夜はHR1から延々とフレンドの皆さんに寄生……いや、お手伝いしてもらいながら新たなるアキラを育成していたんですねぇ。

 

HR1からの毒にも薬にもならないクエストの数々を下位装備で、という縛りありにも関わらず、長いことお付き合いいただきまして、感謝の極みです。この恩返しはいずれ…!

 

 

さてさて、と。

他にも。

昨夜はマリ姉から挑戦状を叩きつけられたりもされ、変態で負けず嫌いな筆者は速攻で快諾した。

 

マリ姉からの挑戦状である。

 

そのまんまやん…。

 

 

その内容は

マリ姉がネコで付いてきて地面に潜り、筆者と金雷公9のシバキ合いを観戦し、筆者の力量を見るというものだ。なかなかに楽しそう&プレイを人に見られるの大好きな筆者としては断る理由がない!

 

ランス(ランスは関係ない)と筆者の威信(そんなもの、そもそもあったか?)をかけた、壮絶な戦いの幕開けである。

 

ちょっと緊張気味である…。

でもこれ、自分の悪い癖や戦い方の直した方がいいところを見てもらえるわけだから、いいトレーニングになるかもしれないなぁ。

 

 

昨夜はHR5への緊急クエスト、ガノトトスが出たところで終わった。振り返ってみると、なんとか鋼殻鉄騎は作れた。でも、防具が頭無しのチェーンなので防御力は堂々の9である。ランスのガード性能の高さ様々と言ったところであろうか。

 

さすがに身の危険を感じてアロイシリーズを頭無しで作って、防御力を70近くまで上げた。

 

f:id:schilf:20170317112157j:image

f:id:schilf:20170317112212j:image

f:id:schilf:20170317112224j:image

 

 

んーむ。やはり凛々しい!

男キャラもいいね!(単純)

 

西洋の騎士風というか、この出で立ちはやっぱり最高だなぁ。ハンター臭い装備も好きだけど、どちらかというと、どこかの傭兵団だったり、街を守護するガーディアンナイトだったりが好きなので、こっちに傾倒しちゃうなぁ。

 

 

 

※どこかの傭兵団

何度も書くが、傭兵団鉄騎のこと。モンスターハンターの世界には実在する傭兵団である。筆者の愛槍【鋼殻鉄騎槍シリーズ】を正規採用している。軍規は【強者のみ必要】という、なんともオトコゴコロをくすぐる傭兵団なのだ!

 

 

で、多分MHXXの発売には間に合わないと思われます。HR解放までは行けると思うのですが、装備が整わない&狩技が習得しきれない危険が危ない。あの手この手(フレンドさんへの寄生)を使って、なんとか頑張ります!

 

 

筆者、どうもゆうた化している…。

 

昨日だって、ランサー猫に向かってクシャルダオラ貼ってください!」だったもんなぁ。

 

 

 

ゆうた

モンスターハンターにおける、いわゆる迷惑行為を意図的であれ意図的でないであれ行う人物のこと。子供でも簡単にオンラインできるようになった&対策が無かったため、4の時代は特にネットマナーが荒れた。荒らしと呼ばれる悪意を持ったどうしようもない連中とは、また別物。

 

 

で、ついた仇名がゆう隊長だ。

早くも、暗雲立ち込める…(笑)

Dear ティガレックス

今日は2月22日。

10年前の今日、モンスターハンターポータブル2ndが発売された。そしてその象徴モンスター、ティガレックスが10歳の誕生日を迎えた日でもある。

 

f:id:schilf:20170223004239j:image

 

ティガレックスは本当に思い入れが強い。

せっかくなので今回はいつものおバカなドタバタプレイ日記ではなく(MHXXの方ではそのおバカなドタバタプレイ日記を更新しているけどね!)筆者のティガレックスへの想いを認めてみようと思う。

 

 

 

筆者が初めてティガレックスに出逢ったのは、筆者がまだ中学3年生の冬だった。なんの警戒心もなく、筆者はポポノタンを採るために雪山へと登って行った。ティガレックス自体の存在、その風貌はオープニング映像ですでに知っていたのだが、まさかこんなに早く邂逅するとは思ってもみなかったので、若き筆者は大いに取り乱した。

 

だがハンターたるもの、いずれは激戦の火花を散らし、その爪牙と白刃を紙一重で肉薄し合うことを宿命付けられた相手を目の前にすれば、今は到底力及ばぬとも一太刀くれてやりたくなるのは、どうしようもない生まれ持っての性であろう。この時の筆者も、まさにこの心境であった。筆者は背にしていた鉄刀を抜き放ち、無謀にも猛然と斬りかかったのだ。

 

 

この勝負は、一瞬で着いた。

根源的な恐怖を想起させられる猛烈な突進を真正面から受けて、筆者はまるでボロ雑巾のように、地面に打ち転がされた。だが、その直前に、筆者の放った一閃はティガレックスの頭部を直撃した。筆者はそれだけで満足だった。

 

それにしても…。

純粋な暴力をもってして猛進するあの体躯。飲み込まれそうな真っ暗な口。無慈悲に肉を引き裂く爪牙。彼の全ては悲しいまでに、自然界の頂点、絶対的な捕食者としての風格を纏っていた。獰猛な視線は、筆者たち狩人を、ただの獲物としか捉えていないように思う。

 

そんな彼が持つ称号、それは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

         

 

 

小細工など無用。ただ、闘争本能と限りなく純粋な力を持って獲物を狩り、屠り、喰らう。いかなる知恵や技術をも打ち砕き、蹂躙する、強者。

 

純粋な原初の力。

彼こそ、モンスターと呼ぶに相応しい存在。

 

 

筆者はズタズタにされた身体を引きずりながら彼から逃げ、ポポノタンを納品した。

 

「彼といつか、この世界でどちらが生き残るかの熾烈な戦いを繰り広げる。そして彼を超えられなければ、この世界で先は無い。」というプレッシャーと、わずかな憧憬を心に抱いていた。かつて、モンスターハンターGやポータブル、DOSなどで、イャンクックリオレウスモノブロスといった巨大な壁を、筆者は乗り越えてきていた。だから筆者には、ある程度の自信とプライドがあった。

 

だが、それらを彼は、ただの一撃で無残にも瓦解させてしまったのだ。大きな口を開けて猛進する彼の姿が鮮烈に脳裏に刻まれ、それを思うだけで恐怖した。

 

 

そしてある日、遂に、決戦の時が来た。

雪山に君臨する王者に挑む時が来たのだ。

 

 

あの時に比べれば、筆者は装備を充実させ、道具も潤沢に持ち、狩りの腕も上げた。ドドブランゴを退け、その他の飛竜たちとも渡り合った。時は満ちたのだ。だが、それでも筆者は身震いした。それは、武者震いであったのかも知れないが、やはりファーストコンタクトで心の奥底に刻まれた彼の恐怖は強烈だった。

 

彼を、超えなければ!!!

彼が、雪山の玉座で待っている!!!

 

 

震える脚に鞭を打って、筆者は彼が闊歩する雪山へと登山を開始した。雪山を登っている間、筆者はずっと、彼の猛進する姿を思い浮かべていた。どう攻撃をかわし、どう攻め込むか。どこに筆者の勝機があるのか。そのことを、彼の生活領域に踏み込んで行きながら、悶々と思考していた。

 

 

彼に対する戦いのシュミレートを入念にしていても、初戦は無残なものだった。咆哮に吹き飛ばされ、突進に轢き潰され、剛腕で薙ぎ払われた。到底、敵わなかった。

 

 

ハンター、引退しようか…。

 

当時、15歳の少年だった筆者はあまりの絶望にPSPを投げ出しそうになった。そんなネガティヴな想いとは裏腹に「彼を超えたい」という真逆の感情が芽生えていることに気付く。彼を超えなければならないという意識から、彼を超えたいという意志に変わった。

 

思い返せば、強敵たちを超えた時はいつもそうだった。何度も何度もボッコボコにされて、コントローラーを何度も投げた。しかしそれでも、またコントローラーを、PSPを、前よりも強く握り直してしまう。

 

 

 

 

自分の力で彼を超えたい!

 

 

 

 

その、たった1つの想いを胸に、筆者は何度も何度も雪山に赴き、彼に挑んだ。彼はその都度、変わらない暴力で筆者を手荒く歓迎した。筆者は彼の動きをよく見るようになった。そして、攻撃に踏み込んで良いときと、行ってはいけないときを見分けるようになる。

 

熾烈な互いの命の削り合い。

筆者とティガレックスの戦いは、遂にその境地に達したのである。罠を有効に使い、爆弾で有効なダメージを与える。更には、彼が怒り状態のときには、頭に攻撃が通りやすくなることに気付き、彼が怒って手が付けられなくなったときに、罠を仕掛けるという工夫も凝らす。

 

 

そして遂に、彼が脚を引きずった!

もう、勝利は目前だ!

 

 

熱っぽい興奮を抱きながらも、筆者は相反する別の感情を胸に満たしていた。

 

 

 

「お願いだから、まだ倒れないでくれ。お願いだから、 もう少しだけ、筆者の上に立っていてくれ。まだ、君との戦いに、終止符を打ちたくない!」

 

 

 

どうしようもないヤツだ。

 

 

自分でもそう思う。

あれだけ超えたいと願っていた相手を超える直前になって、彼を超えてしまった後の寂しさに怯えてしまったのだ。

 

それでも、ハンターたるもの、クエストをこなさなければならない。目の前のモンスターを狩る。それが、ハンターなのだ。

 

雪山の清浄な空気の中で、筆者の太刀が冷たくも美しい軌跡を残して煌めいた。

 

               一閃。

 

 

その鋭い袈裟斬りは、彼の脳天を見事に直撃した。その一撃で、彼は遂に凍てつく大地に伏した。筆者はついに、彼を超えたのだ。

 

 

 

万感の想いを胸に、強敵となった彼を見下ろす。

持てる膂力を惜しむことなく振るい、ウサギを狩るのにも全力を出す獅子の如き王者の風格を纏った彼は、いま、筆者の白刃にかかって倒れた。

 

 

 

     お前もまさしく

                強敵だった…。

 

 

 

筆者は、彼との戦いを通して大きく成長した。それはゲーム中だけの話ではない。

 

自分が到底敵わない相手に出逢い、自分の無力を知り、己を磨き、乗り越えられるまで何度でも試行錯誤を重ねて挑む。彼は、そんな精神を筆者に教えてくれた。

 

彼は後々、我がチームのやっちゃん、ケンシロウ、そして筆者というハンター連合軍に対して、更なる暴虐無人な牙を剥くことになる。異常震域というクエストだ。筆者たちはまたまた追い詰められることになるのだが、それはまた別のお話だ。

 

 

 

絶対強者ティガレックス

2ndの番長

 

彼が生誕して10年。

筆者の長いモンスターハンターの歴史の中でも強い光を放つ、激戦の思い出。彼が筆者に与えてくれたものは計り知れない。

 

 

お誕生日、おめでとう。

ティガレックス

 

10年前のあの時は本当にお世話になりました。

今の筆者があるのは、大袈裟でも誇張でもなく、君が容赦無く戦ってくれたおかげです。

これからも、良き強敵でいてください。何度でも筆者の挑戦を受け止めてくれたら嬉しいです。

 

それではまた、近々。

 

PS

紫、黄、青の肉は食べない方がいいよ!

 

                                アキラよりー

 

f:id:schilf:20170223004254j:image

騎士達の集い

MHXXの発売を一ヶ月前に控えて、スムーズなスタートを切るためにエンジンを温め始めたアキラでございます。

 

昨夜はちょっとランサー猫と通話をしていたのですが、彼が「ランスの最終強化揃えたいんだよねぇ〜。」という話をちょろっとしたので、そのままMHXをやることに。筆者と彼が揃えば、安定のダブルランス。筆者は最近、ストライカーランスでフルチャージを運用する試みを行なっており、それの鍛錬も兼ねて素材集めに同行することに。

 

まずは獰猛化ケチャワチャ。2人してガシャンガシャンと鎧を鳴らして大槍と大楯を構え、包囲網を張る。エルダーバベル、大龍騎槍ゲイボルゴという実に渋い大槍の揃い踏みである。筆者と彼は一番好きなランスをそれぞれ持ってきていたのである。危なげなくガードを固め、カウンターでケチャワチャの爪を捌きながらランス特有のヤリブスマで追い詰めていく。

 

筆者はストライカーなので乗りをできないところを、ギルドランスのランサー猫が乗りケチャワチャが動かないところを目掛けて、ガードレイジで火力馬鹿上げした斬れ味白の大龍騎槍ゲイボルゴのスクリュースラストをぶちかます。

 

 

 

この瞬間が!!!

タマラネェんだ!!!

 

 

 

ズジャジャジャジャジャ!

と、螺旋状の剣風がケチャワチャを食い荒らす。危なげなく、それぞれの立ち回りで堅実にケチャワチャを狩ってくれた。

 

 

続いては獰猛化したアグナコトルだ。

アグナコトルは纏った溶岩の鎧が冷えると固くなり、刃が入らなくなるので、2人してガンランスを持って出撃。2人とも「カッコいいから」という理由だけで、大海賊Jガンランスを持っての出撃である。

 

「ここにLYNXさんとか来たら完璧やんなぁ〜wwwww」

 

とかなんとか、通話で笑いながらやっていた。

LYNXさんは、ガンランスだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LYNXが入室しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

キタァァァァァァァ!!!

 

 

 

 

獰猛化アグナコトルを1回やった次のクエストへの準備中にLYNXさんが本当に入室! 「こりゃ、武器は、もう、なぁ???」と、ランサー猫と通話でニヤニヤしながらそれぞれガンランスを選ぶ。筆者は青を基調としたブラキ装備にシャガルのガンランス。ランサー猫は白銀のEXクシャナ装備にシルバールーク。LYNXさんはセルレギオスガンランスだ。装備は以前、やっちゃんに「ださ〜い!www」と言われたスキル充実装備。3人でガンランスを背負ってのハンティングである。

 

 

 

アキラ

「倒したら写真撮るから、横並びにガンランス構えて〜!」

 

 

と、あらかじめ段取りをする。

さぁ、狩りだ狩りだ!

ガンランス祭りだ!

 

 

3人揃ってどっしりとガンランスを構えてドコォン! ドコォン!と、無遠慮に砲撃の雨を降らせる。硬くなった外殻もなんのその。次々に身体にこびりついた溶岩の鎧を破壊し、さらには尻尾まで斬って、竜撃砲をぶちかます!

 

アグナコトルは難なく討伐してくれた。

そして、横並びにガンランスを構える。

 

 

f:id:schilf:20170220174012j:image

 

 

やっぱり、ランス系の武器は並ぶと壮観だなぁ〜(*´ω`*)

 

 

しかしまぁ、さすがは世紀のお笑いハンターであるLYNXさんである。どう頑張ってもガンランスが顔面に被っちゃって、しかも位置を調整しようとしても、今度は筆者やランサー猫の顔面に被っちゃって、まごまごwww

 

ランサー猫と通話しながら大笑いしてましたww

 

f:id:schilf:20170220174313j:image

 

別のショット(笑)

テテーン(笑)

 

 

でもね、LYNXさんすごかったの!

なにがって、この後に行ったクエストでバッサバッサと飛び回るリオレウスを砲撃で撃墜しまくってたの! ランサー猫とも息が合ってて、同じタイミングでダブル竜撃砲も炸裂!

 

コンタクト無しであんなに綺麗に揃った竜撃砲はなかなか見られない。筆者ちょっとあまりにも美しくて鳥肌立っちゃったよ。

 

 

また獰猛化ガルルガが眠ったときである。筆者は懐かしの、あの定型文を発言…

 

 

 

LYNX

AKIRA砲発射〜!」

 

 

先手を打たれた!!!

しかし残念ながら筆者のガンランスは放熱中。

 

 

アキラ

LYNX砲発射〜!」

 

 

 

LYNX

「いや、もう発射済みだす〜!www」

 

 

という、お馬鹿なやり取りをしているうちに筆者のガンランス放熱完了。

 

 

 

注 特大のドロワが出ます!

 

 

 

という、爆弾を置く時の変態発言をしながら眠るガルルガの足元に大タルGを2つ設置。

 

 

 

いい夢見ろよ!!!

 

 

 

と、発言して竜撃砲で豪快に起爆!!!

それが決定打となって、ガルルガは夢の世界に旅立っていきました。

 

 

 

 

こんな感じで、この日はお開き。

楽しかった〜(*´ω`*)

 

 

 

 

それにしても、4日連続でこの日記へのアクセス数が500、400、500、400と凄まじい伸びを見せております。ますます、感謝です!

 

MHXX日記も2日後か3日後くらいに更新する予定ですので、そちらもどうぞよろしくお願いします! それでは、また!

MHXに一片の悔い無しッ!

最近どうも頭の回転が鈍っている、アキラです。

なにを基準にかと言うと、書いている小説の文章がタカタカとスムーズに打てるかどうかである。

いや、ホントそうなの。せっかく書けても書いた後から「ちょっと待ておかしいだろ。」ってなることが多くて進行しないこと甚だしいのです。

 

モンハンに関しても、昨日は土壇場でやらかしてしまったりと、咄嗟の判断力にも影響が出てしまっております。タイトルの絶叫的元気さ(もはやこの言葉の組み合わせが意味不明)とは裏腹に、日記の文字にもどうも勢いが無い感じです。

 

でも!

これを見てみろよ!(修造風に)

 

f:id:schilf:20170218210419j:image

 

残る勲章が2つに!

最大金冠と最小金冠のみ!

 

ぶっちゃけこれはもう諦めているので、あってもなくてもおんなじだぁ!

 

チックショォォォ!!!

 

 

な、の、で!!!

筆者の中でMHXにおいてやり残したことは、すべて片付けました! ゴール!!!

 

 

昨日はLYNXさんが筆者の最後の2つ名、宝纏の9と10を手伝ってくれました。なにやら、そげさんは何とかとか言う別のゲームに浮気しているらしく、MHXの進行具合は堂々のHR2のままだそう。LYNXさんは「今度、叱っておきますwww」と仰っておられましたけど、MHXXに間に合うかどうか(笑)

 

それにしても宝纏の10は参った。クエスト内容は溶岩島で宝纏を2頭討伐するというシンプルなものなのだけど、いかんせんアイツはダメージが通りにくい&アゴの一撃が怖いんですよ。中でもこの、ダメージが通りにくいというのは厄介だ。筆者は珍しく属性も合わせて南蛮太刀という強力な水属性を備えた業物を提げての出撃。ぜョォ…の船長が背負っている、あの太刀ですな。

 

筆者が属性を考えて武器を選ぶのは、かな〜り珍しいことである。同じく、普段は属性など全く気にしないハンター筆頭のやっちゃんでさえタマミツネの大剣を持ってきている。

 

ビバ☆宝纏10!

 

さてさて、始まった宝纏。

とにかくアゴには攻撃が通らないので、脚と腹を斬っていく。頭に攻撃できないモンスターってなんでこんなに戦いたくないのだろうか。それはきっと本能なんだろう。

 

想像以上に固く、なおかつアゴでの一撃が強烈過ぎて、我らが守護神のやっちゃんが2度もペッチャンコになって昇天してしまう。それでもそのシカバネを乗り越え踏み越えて2頭目を追い詰める。感覚的にも、あと一押しで討伐達成かな、という感じである。

 

そんなときに、宝纏がアゴでの強烈な一撃を繰り出すためにゆっくりと頭を上げる。その時、筆者は宝纏の足元辺りにいた。冒頭で書いた通りに、咄嗟の判断力に鈍りが生じている筆者は、いつもならば退避するのだが、なぜかその時は「まぁ〜ここなら当たんねぇべや。」と、すでに後が無いにも関わらず(ていうか、むしろ忘れてた。)攻撃を続行していた。

 

 

 

 

 

ガァァァァァァァァン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぷちっ…。

 

 

 

なんて音は聞こえなかったが、その代わりに

 

てろ〜ん…

 

という、気の抜けるようなBGMが…。

 

 

この土壇場で、筆者はお得意の上からの攻撃により、昇天をキメちまったのである!!!

 

 

 

勝利を目前に見据えながら、たった一撃で全てをひっくり返された。こうなったら筆者に残されているのは、初代モンスターハンターから最終手段としているオトットキの作戦だけだ。

 

 

硬い敵には毒!!!

怖くて近寄れない敵には毒でのヒット&アウェイ&アウェイのジワジワ作戦!

 

 

これに尽きる。

機動力と手数に長けた片手剣で、しかも強力な毒を持つ金レイアの武器を持ち出した。この、名付けて蝶のように舞い、蜂のように刺す作戦は功を奏して、比較的(筆者は)安全に戦うことができた。

 

毒らせてしまえば、あとはのんびりと煎茶でもすすりながら、敵がじわじわと弱っていくのを見ていればいいだけだからね!

 

 

こら!

そこ!

卑怯とか言うな!

 

と、まぁ、なんとか宝纏10はクリア!

これで前にも書いた通り、最大金冠と最小金冠以外の勲章はすべて揃いました!

 

これでもう、悔い無くMHXXへいけます。

 

f:id:schilf:20170218213443j:image

 

LYNXさん、どうもありがとうございました!

あ、そうそう…。

 

 f:id:schilf:20170218223759p:image

 

いったい何があったのか、この、アキラのMHX日記へのアクセス数が最近以上な伸びを見せております。昨日など過去最高の500件突破を達成しました!

 

本日は400件くらいですね。

筆者が一番驚いております。

 

みなさま、いつもご愛読ありがとうございます!

これからも、よろしくお願いします!

新天地へのプロローグ

思えば、今年初のモンハン日記ですね。

 

こちらは、予告宣伝の日記ですけど。

昨日、ついに配信されましたね

 

MHXX体験版

 

f:id:schilf:20170216132836j:image

 

筆者、すっかり忘れていて、これを書くほんのちょっと前にダウンロードしました。期待半分、恐れ半分といったところでしょうか。

 

さてさて、MHXX日記専用のページを設けておりますので、記事はそちらにて。まぁ、いつも通りなんの役にも立たないドタバタプレイを書きまくる予定ですので、仕事の休み時間にでも「フフッ…」とひと笑してもらえたら幸いです!

 

では、MHXX日記にて、またお会いしましょう。

 

 

MHXX日記へは、こちらから。

http://schilf.hatenadiary.jp

あいるびー・ばっく MHX編

 

ずいぶんと久しぶりの投稿になってしまいました。アキラです。


MH4Gの方も同時に、最近あったことをまとめて記事に書いておりますのでそちらもよろしくお願いします。

 

まずは恒例の近況報告をば。

 

つい先日、風邪を引きました。筆者は異常に免疫力が高いので学校をサボりたいとき以外は一日寝るとほとんど完治するのですが、今回の風邪は我が人生において最強の風邪のようで、発症から完治まで7日、寝込んだ日数は4日にまで及びました。今年の風邪はやばそうです。喉と頭痛でした。どうぞみなさんも気を付けてください。

 

そんな風邪にも負けずカクヨム】という小説投稿サイトで【増本アキラ】という名前で小説を連載し始めました。本が増えると書いて増本です。いまはDahlia~ダリア~という小説を連載中です。ここでは砕けたおバカな文章ばかりを書いておりますが、そちらではまた違ったものを載せているので、もしよかったら読んでみてくださいね。

 

URLはこちら。

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054882107778

 

 

 

さてさて、筆者の4年使っているアイフォンでとうとう写真が撮れなくなってしまったのでしばらくは写真無しになってしまいますが、書いていこうと思います。

 

発表されましたね、次回作。

 

MHXX

 

正直なところMHXの追加版は出ないものと思っていたので少々驚いております。しかも脈々と受け継がれていたGではないということにも驚きを隠せません。なるべく情報は見ないようにしているのですが、それでも多少の噂というものは入ってくるので、その知識だけで書きます。まあ、その数少ない情報をケンシロウ、やっちゃんと共有し、様々な談義をしているのですが、なんとも。やっちゃんに至っては「もう、モンスターハンターは元に軌道には戻らない。諦めた! 出されたものを楽しくやる!」という極地に至った模様。ケンシロウはGOD EATER2 レイジバーストをやって「モンハンは完全に道を逸れたな・・・。」とつぶやく。それは筆者を始め、我が盟友たるランサー猫も同じ意見である。

 

だがまあ、ユーザーである以上、提供されたものでどれだけ楽しく遊べるかということしかない。そしてそれはこの日記を書き始め、チームを作って思ったことであるが、やはり一緒に遊ぶ人にかかってくる。ただ野良で入ってクエストを無機質にこなすだけだったMH4、MH4Gの時代には実感し得なかったことである。だからきっと、チームがある限りはなんだかんだ楽しめるのではないかと思っている。そしてやっぱりモンハンが好きだ。

 

さて、ここから少し思い出話も交えながらMHXXについて書く。まずMHXXには新しいスタイルが2つ追加されたらしい。ブレイヴスタイルとレンキンスタイルだ。その詳しい内容は知らないのだが、筆者はどうもレンキンというスタイルに興味を惹かれる。だってどう考えてもアウトローでしょこのネーミング! タルを掲げる絵もそうだし、アイテムメインなのだろうか。とにかく、テクニックを要して癖のある特性なのではないかと筆者は妄想している。おそらく、真っ先にやるだろう。

 

次に、新たなモンスターの情報。

まさかまさか、あの飛竜が二つ名になるなんて・・・。

 

塵魔

ディアブロス

 

ルックスを見れば、片方の角だけが異常発達している。モノブロスディアブロスの角は折れると、しばらくしてから再生するという設定なのだが(確か・・・)その再生の際に異常発達してしまった、と、こんな感じなのだろうか。いずれにしても、筆者がMHXの時に「こいつの二つ名とだけはやりたくねぇな。」と思っていたモンスターである。ちなみに筆者はモノブロスディアブロスの咆哮が大好きで、この雄叫びを聴きたいという動機だけでランスを担いでクエストに赴いたりもする。それくらいには好きだ。もうひとつモンハン雑学を書いておくと、ディアブロスは草食系で主食はサボテンである。その甲殻は見た目のわりに質量が高くて重い。黒いディアブロス繁殖期のメスであり、その体色は周囲への威嚇である。有効な戦法として、砂に潜ってから音爆弾で動きを止め、砂から抜け出した時に閃光玉で撃墜するという流れがよいとされる。ただし、怒り時は音爆弾が効かないので注意。

 

王立書士隊によると【黒猫】の異名を取る黒いディアブロスが存在している。その個体は大変強力で、常時怒り状態にあるという。異名の由来は両方の角が既に破壊されており、そのシルエットが黒い猫に見えることから。

 

しかし、ディアブロスの二つ名が出るとしたら絶対に【魔王】だと思ったんだけどなぁ。これはMH2ndGにまでさかのぼる。


片角のマオウ


というクエストがあったのだ。そこに出てくるディアブロス片方の角が折れていて、恐ろしいほどの体力を誇っていた。その体力は通常のディアブロス5倍は余裕であったと思う。四人がかりでもかなりの長期戦になる。あのクエストは筆者、やっちゃん、ケンシロウのトラウマとなっている。


だが、もしかしたらその片角のマオウの角が修復し、新たな称号【塵魔】を纏い、時を経て再び筆者達の前に立ちはだかったのではと考えると、なんともロマンチックではないか。他にもディアブロスに関しては【紅蓮の双角】という紅いディアブロスを討伐する漫画があったりする。ディアブロスへのロマンは尽きない。

 

だがしかし、バルファルクはいただけない。

あれ初めて見た時、特徴を読んだ時に確かなモンハンに対する絶望を抱いた。これもうFFとかGOD EATERのモンスターじゃないかと。そしてもう軌道修正ができないところまで来たのだなと思った。その辺の考察やあれこれは筆者のような末端のブロガー、発信者ではない、モンハンの黄金時代からモンハンを愛し続けてきた大御所、著名な先輩方、有識者様に

お任せするとします。

 

MHXXの発売は来年の3月。


ディアブロスとレンキンスタイルを楽しみにしつつ、またチームのみんなで面白おかしく遊べることを心待ちにしております。


って、いま現在もMH4Gで遊んでますけどね!

再・やっちゃんのファッションショー


4Gに夢中になっているから、こっちの日記は書かないと思ったら大間違いだ!


やっちゃんからの要望で謎に我が日記ランキング1位に1ヶ月以上に渡り輝き続けた、やっちゃんのファッションショー続編です。


何故か分かりませんけど、やっちゃん単独の、やっちゃんのモンハンの記事はやたらとランクインするんですよね。村クエが進まないとかもそうだし。


どういうこと
ですかね?

それはまぁともかく、要望通り、書くぞ。
書くぞというよりは、載せるぞ!



f:id:schilf:20160808151631j:image

f:id:schilf:20160808151644j:image

f:id:schilf:20160808151654j:image

f:id:schilf:20160808151750j:image

f:id:schilf:20160808151744j:image

f:id:schilf:20160808151757j:image

f:id:schilf:20160808151825j:image

f:id:schilf:20160808151840j:image

f:id:schilf:20160808151851j:image

f:id:schilf:20160808151910j:image



ズラッとこんな感じ。
どれだったかは忘れたけれど、この中には防御力が300くらいしか無い装備もあって、荒鉤爪にはそれ! と、やっちゃんは言っております。もちろん当たったら一撃とか瀕死とか当たり前のなので、操作する人からしたら割とキンチョーするのかも。

シャドウアイだかなんだか忘れたけどグラサンがお気に入りのよう。これは4Gの時から装備している。よくやっちゃんに『この作ではグラサンあるっけ?』とよく訊かれています。




さてさて、4Gはちょこちょことやってます。相変わらずののんびり過ぎるプレイで未だにハンターランクは1ですけど。それでもクエスト回数は40とかになってるので、やってないわけではないんですよ?

あ、そうそう。
メンバー紹介なるものを書きましたが、あれは参戦が確定している人のみということなので『おれ載ってない!』と、気にしないでくださいね。

やっちゃんや筆者の意向としましては、クロスで知り合った人たちと末長いお付き合いをと考えておりますので、マリ姉、油断ちゃん、にゃんさん、2等兵さん、センシトーンさん、龍yan、タカジャンさん、サラさん、もしよろしければ、是非是非4Gにも参戦してきてくださいね。



それでは、良い狩猟生活を!

お気に入りのコラム

どうもどうも。
4Gをガッツリやってます。
アキラです。

もちろん、前回の日記でも公表しましたが、アキラのMH4G日記なる日記を新しく開設しまして、そこでもおバカな文を書いております。そちらも是非、よろしくお願いします。リンク先はこちら。


akiranomh4gnikki.hatenadiary.jp



さてさて、人間誰しも新たな門出の時には、これから自分が歩む道に想いを馳せると同時に、一度立ち止まって過去歩いてきた道を、省みるというものではないでしょうか。筆者はそういうタイプの人間であります。

自分が書いてきた240本を越えるコラムを読み返しておりました。やっぱり初めの頃の日記とか、稚拙ですな。稚拙というか、あんまり面白くない。やっぱり筆者の日記が劇的に変わったのはチームを作ってからですね。

さてさて今回の日記は、筆者が特に気に入っている日記をチョイスして、そのリンク先を載せただけの簡単なものです。下に行くほど古い日記になっております。『これ読んだことねぇな。』とかありましたら、是非、読んでみてくださいね。

内容は、いつも通りのおバカな日記からちょっとモンハンの世界観に切り込んだ話。小説もあります。

実はやっちゃんから、最後にファッションショー書いてよ! と言われているので、それも追い追い書こうと思います。


それでは、どうぞ。




妙な取り合わせだな…。

闘魂を求めて〜ガンランス暴発事件〜

そなたはあっしで、あっしはそなた

Gun Lance! 後編

狩猟物語〜剥ぎ取り名人〜

私が閃光玉だぁ!!!

神を斬獲せし者達

神へ挑む者達

天津禍津神

円舞獰乱

カニが来るぞぉ…!

天空の城、ランサー猫

魚を愛する(?)男

個性の強い人達

サカニャが食べたい腹いっぱい

策略家と猿に捕まる男

マリ姉に爆破された話

クエスト依頼の理由

天と地の怒り


カミは降臨したのか?

炸裂! LYNX砲!

ガノトトスが出てこられない

狩猟物語〜ランサーの盾〜

重大なお知らせ〜チームアキラ4Gへ行く!〜

えー、ご無沙汰です。
アキラです。

最近、小説やら舞台の脚本やらでパソコンにかじりつき、この日記の記事はおろか、モンハンすらマトモにやっておりませんでした。

『見損なったぜアキラ!』
『貴様それでも隊長か!』

と、怨嗟の竜撃砲がバリスタ並みの連射性能で以って各方面から飛んで来そうなのですがそうしていただいても筆者は弁解の余地もございませんので、甘んじて受けます。それはそれとして置いておいて(置いておいていいのか?)今回はタイトルにもある通り重大なお知らせがあります。

まぁ、どれくらい重大なのかというとうなぎ好きがうなぎの値段の高騰に冷や汗をかく程度。とでも申し上げましょうか。例えがアホ過ぎてイマイチ伝わりませんが、要するに筆者の言いたいのは興味のある人にとっては重大なことと言うのが適切でしょう。

チームアキラは!
来週の月曜日から!
MH4Gへ殴り込み!
同志総員で最初から!
遊び尽くします!


と、いうことです。
モンハン最盛期と名高い、2ndGの流れを汲むあの容赦なきモンスターの強さ。あれならばみんなボコボコと失態や醜態を晒してくれて、日記がバンバン面白おかしく書けること請け合いごほんごほんみんなでまた新しくギルクエというやり込み要素の強過ぎるモノを包容したモンハンを1からできるなんて楽しみだなぁ〜〜!!!


はい、心の声は素直に出しておきました。
と、言うわけで、アキラのMH4G日記なるブログを新たに開設しましたので、そちらもよろしくお願いします。


ブログのリンクはこちら。

akiranomh4gnikki.hatenadiary.jp


まぁ、このはてなブログの中にあるんですけど。というか、筆者の管理画面では単純にブログ切り替えするだけなんですけどね。読者の皆様がどういう表示になっているのかイマイチわからないので…。一応、上記のURLでググってみたところ、ちゃんとブログには行けたので大丈夫。コピペってパンしてください。

さてさて、ギルクエレベル200を夢見る筆者でありますが、どうなることやら。マジで


一撃でちんだ!!!

というのが珍しくないのが4G。
そして我が愛しの蒼リオレウスなんかも登場しちゃう!

楽しみでなりません(笑)
チームアキラの皆さん、今後ともよろしくお願い致します。そして読者の皆様、ブログは変わりますが、そちらもよろしくお願い致します。

双獅激天・序章

まずは近況報告。
最近ずっと書き続けていた小説が書けました。
まだ仮だけど。2週間かかりきりになって、個人的にはなかなか良いモノが書けた。どっかに応募してみようかと思います。友人などからは

『同人作家になれよ!』
『才能の持ち腐れ…』

などと評価をいただいております。
(あくまで前向きに考えます。)

文字数にして約40000文字。
頁数にして約100頁。

この日記の平均的な文字数は約2000文字といったところなので、筆者頑張った!

今から手作り感満載の製本作業です。
以上、近況報告でした。

f:id:schilf:20160704100943j:image



さてさて、モンハンの日記です。
まぁ、序章みたいな感じの軽いやつだけど。

昨日、テケトーに部屋を立てて『誰か来ないかにゃー。』と歌を歌いながら集会所の初期スタート地点にてぼへーと立っていた。もうすぐ日付が変わってしまうので、あるいは既に変わっているので、今の時間から来るといえばリーさんや70さん、猫怪人さん、あるいはLYNXさんといったところであろうか。

ただ最近はLYNXさんはお仕事が忙しいらしくて、ちょっと頻度は少なめ。しかし他のメンバーも日付の変わった仕事始めの月曜日に来るというのは、ちょっと考えにくい。筆者のような特殊(笑)な人間は別だが。



70が入室しました。








特殊なのキターーー!
(筆者の失礼をお詫びいたします。)


70さんが来てくれました。
やっちゃんはその時、装備をいじっていて後から入室。それまで筆者と70さんの雑談スタート。聞けば70さんはやはり筆者の日記を読んでくださっているようで、毎回、読んだよー! と報告してくれる。

『久しぶりに文字で笑った(笑)』


と、もう字書き冥利に尽きる賞賛を下さいました。ありがとうございます。

で、ウダウダやってたらやっちゃんも入室。




そういえば……。

と、筆者は思うことがあった。
ハンターというやつは『ちょ! 無理! もう無理! 絶対無理! やめたやめた!』みたいな絶望的状況になればなるほど燃える特殊な生き物だと思うのです。過去にも筆者はそういうクエストに行って、底知れぬ楽しさを覚えた。


G級 異常震域
G級 黒のカタクラフト
武神闘宴
恐暴の宴
最後の招待状
天と地の怒り
終焉を喰らう者


などなど。
ハンターにとって絶望的な状況になればなるほど、仲間たちと試行錯誤し、作戦を立て、挑んで行く。それが楽しくて仕方なかった。そして今回筆者は、そんな歴代最恐クエストの呼び声高いクエストの1つが配信されるという噂を聞きつけ、それを2人に話した。

そのクエストとは





双獅激天


というクエストだ。
このクエストは2ndGの時代に武神闘宴と並んで恐れられた絶望的クエストだ。その内容というのは、当時、柵で分断できなかった闘技場で激昂ラージャン2頭を討伐するという超絶マゾクエストである。それを聞いて我らが変態仲間(ほんとすいません)である70さんは


『行きたいナ〜』

と、ルンルンしている。まだ配信クエストを確認していない筆者は、一度集会所を抜けてダウンロードへ。見れば双獅激天は来週の金曜日だった。ちょっと残念ではあったが、別に面白そうなクエストが配信されていたのでそれに行くことに。


火山でポイント7000納品



7000!?


7000ってどういうことや。
前に4000ポイントをやったけど、アレだって火薬岩をみんなで運んで、だったので、今いるのは3人でしょ?  火薬岩1人2回往復しないとポイントに届かないのではないか? まぁ、採取をできるし、のんびりやるかー。


で、みんなでのんびり採取してたら筆者の画面にナゾのメッセージが。



70が退室しました。
70が離脱しました。




70さーん!

どうやら通信が切れたようである。
メッセージで退室が先に来ているので、そうであろう。時折、テザリングの調子が悪いのか、オチられるんだよね。で、結局しばらく待ってみたのだが、70さんは旅に出たまま戻ってこなかった。と、いうわけで本日終了(笑)

いやー、来週の金曜日が楽しみだ。

6月27日の狩り 後編

さて、後編。
Stefanさんがご就寝なさり、一旦ご飯を食べてきた。それからしばらくすると、猫怪人さんと、その友達のタカジャンさんのところに、我らのやっちゃんが突入している。筆者もやっちゃんに続き突入。

そしたらまぁ、相変わらず筆者意外の全員がアキラという名前のネコで集会所にたむろしているではないか。こうなると筆者の名前であーんなことや、こーんなことや、チョメチョメやバキュゥゥゥン! や、パンツのことや、とにかく誰が何を言っているのか分からない。

で、なんやかんやとひたすらチャットしてその流れでボボボーボボーボボの話になって、猫怪人さん『一番ハジけた人が優勝ね!』と、ぽかぽかアイルー村狩猟大会をクエストボードに貼った。要するにクエストの勝ち負けはともかく、一番バカをできた人が優勝という暇を持て余したハンターの遊びをやることになったのである。昔にやった現地調達のみでクエスト達成とか、そういうのとはまた毛色の違う楽しみ方である。

さてさてどうしたものか。
武器は猫怪人さんとやっちゃんが片手剣。
タカジャンさんがガンランス
筆者がランスである。

この感じ、すでにガンランスを持ったタカジャンさんが武器選択においては優勢(?)か。だが筆者だって負けてはいない(?)バカをやるにはやはりアイテムに頼るのが一番だ。そう判断した筆者はブーメランを調合素材まで持ち込む。更に小タル爆弾に打ち上げタル爆弾まで用意。とにかく今回はブーメラン戦法で行くことにしよう。



そして始まったハジけ大会。やはりみんなベースキャンプで斬り合いを始める。そしてやはり武器選択で優勢と見えたタカジャンさんがガンランスの砲撃で各人をぶっ飛ばし、強制的に試合会場へ。一番手はイャンクックだ。これから四人のハンターたちにハジけられるとも知らずにグギャギャギャギャ、ギョェーーー!と威嚇!


その瞬間、筆者はひたすらにブーメラン攻撃!



ブーメラン

がッ!!!




もういっちょブーメラン攻撃!!!






ブーメラン

がッ!!!








ブーメランンンンンンッ!

てめぇ、どっか飛んでくの早すぎんだろ!
戻ってくるからブーメランなんじゃねぇのかよ! 1回投げただけで、2連続でどっか行ってんじゃねぇよ!!!!!




ピカァン!



うお、眩しい!!!
誰か閃光玉をつか…

ピカァン!
ピカァン!
ピカァン!
ピカァン!
ピカァン!


誰だ、閃光玉を連発で炸裂させて画面を真っ白にしてるやつはッ!?!?!?
猫怪人さんであった。その間、やっちゃんはひたすらイャンクックけたぐりをやり続けては尻尾ビンタでぶっ飛ばされている。負けじと筆者もこやし玉イャンクックにぶつけまくってイャンクックからモワモワと黄色い煙を纏わせる。

そうこうしてると、アレはやっちゃんが置いた大タル爆弾だったろうか?  その爆風で猫怪人さんがキャンプ送りに! 先を越された!!!(?)と筆者もその後を追うように、あろうことか小タル爆弾でキャンプ送りに。で、毒けむり玉をその辺に振りまきながらキャンプ待機していた猫怪人さんと一緒に小タル爆弾でぶっ飛んで試合会場へ入ろうとするも、何故か自分だけがぶっ飛んで試合会場へ。

これからはもう必死! (何に?)
筆者はイャンクックのすぐそばでこんがり肉を食いまくり、70さんはまたそのすぐそばで肉焼きセットをズゥゥンと出して肉を焼いている。(自分はいったい何をしているんだろう???)


結局、ハジけまくってイャンクック相手に3オチして集会所に帰ってきました。イャンクックも困惑であろう。


で、結局優勝者は……。




リーさん

70さん

の、同着1位でしたwwwwww


その理由として、猫怪人さんのやらかしたモノのソースは70さんが祖であるモノが多いのと、リーさんはデブネコ装備を着た時点で優勝。という全員の一致を得ましたwww  結局、参加してない2人に優勝をもぎ取られた形で、愉快なハジけ大会は幕を閉じた。





大爆笑

であったw

6月27日の狩り 前編

最近、またやっちゃんが新しいフレンドを見つけたようで、筆者もたまーに手伝いに行くようになりました。とても礼儀正しいというか、控えめな方です(笑)

この前はアルバトリオンの、天をつらぬく角が欲しいということで、やっちゃんが手伝っていたようですが、操虫棍と片手剣ではなかなか頭の2段階破壊は厳しそう。そこで筆者が召喚されまして、大剣で頑張ってへし折ってました。その途中、同じく操虫棍使いの方が入って来られたんですが、これがまた良い人で……。でも結局、フレンド登録には至らなかったな。ギルドカードはお渡しできたので、もしかしたら読んで下さっているかもですが。

その新しいフレンドさんのことも、了承を得次第記事にしていこうかと思います。



さて、昨日はまずStefanさんが来てくださいました。それでまぁ、ケンシロウ、やっちゃんを伴い、あれやこれやと狩りに行ってた。

ら、Stefanさんがクエストボードに激おこラージャンAND激おこイビルジョーのクエストを貼られやがりまして、我ら顔面蒼白となりながら遺跡平原へと出発。何をトチ狂ったのか筆者はエリアル大剣の見た目装備で出撃してしまい、大苦戦することに。

f:id:schilf:20160629123353g:imagef:id:schilf:20160629123359g:image


イビルジョーはまだ得意と仰るStefanさんと回避双剣ケンシロウがイビルジョーラージャンの動きは見切ったと豪語し過去痛い目に遭った筆者と、片手剣のやっちゃんがラージャンを相手するという形に。筆者がソッコーでイビルジョーにやられちゃって、2頭が離れたから、そんな形になったわけだけど!

手痛い攻撃に回復薬グレートをがぶ飲みしながら戦う。エリアル大剣はまだまだ不慣れな筆者は高くジャンプしたところをラージャンに殴り飛ばされるという鉄板被弾を食らいまくり、学習能力の無さをひけらかしてしまう。ほんと、やっちゃんの麻痺と広域に助けられた。でもね、投げ飛ばされたやっちゃんが筆者に直撃したのは驚いたよ。

向こうはイビルジョー得意のStefanさんと、怪物ケンシロウ。ようやくラージャンが脚を引きずり始めたところでStefanさんが

『捕獲しましょう!』


と、発言。
ラージャンに比べて体力も多く、肉質も柔らかくはない激おこイビルジョーを早くも追い詰めている。筆者は眠っているラージャンの鼻っ面にコレデモカッ! と、大タル爆弾Gを2つ設置! その爆風を受けてラージャンは力尽きた。と、ほとんど同時にあちら側もイビルジョーを捕獲!

まぁ、後で聞いた話なんだけど。

『あんな? ステさん、イビルジョー捕獲しましょうって言うたやん? 罠、張るやん? イビルジョーかかるやん? ワシ、見とるやん?(やっちゃん、ケンシロウ、筆者は捕獲用麻酔玉を基本的に持たない。)ステさん麻酔玉2つぶつけても捕獲できんかった! ほんで、4つくらい投げてて、ワシが急いで攻撃して、ほんで捕まったwww






ステさーーーーんwww




これに続き、今度は筆者が激おこイビルジョー2頭を闘技場で討伐するクエストを受注。

f:id:schilf:20160629123524g:imagef:id:schilf:20160629123524g:image

筆者はガンランスケンシロウ双剣の絶一門、やっちゃんがデスパライズ、Stefanさんはハンマーで出撃。いやー、封龍剣【超絶一門】なんて久しぶりに見たなぁ。この双剣、モンハン初期の頃は最強の名を欲しいままにしていた、最終兵器と呼んでも過言ではない武器だったんだけど、なんか属性あっても無くても、とりあえず狩れる感じになった昨今のモンハンでの需要は低くなったんですよね……。

それでもやっぱり絶一門は強かったけどね!


しかしまぁ、ハンマー大好きな筆者だけど、どうもイビルジョーはハンマーで行きたくない。Stefanさん、よくあんなの2頭のクエストにハンマーで行くなぁ…。あ、リーさんもか。ところで狩りの途中、ケンシロウがモロに竜ブレスを受けていた。

それはつまり龍属性やられになるわけで。
ご存知とは思うが、龍属性やられになると、武器に付与されている属性がゼロになってしまう。それは属性、状態異常属性の両方に作用する。つまり龍属性だけがべらぼうに高い双剣を背負ったケンシロウには致命的なわけだ。龍属性がゼロになってしまうと、ケンシロウに残された攻撃力は120程度にまで激減!!!


幸い、ウチケシの実ですぐに龍属性やられを回復していたが、ウチケシの実ってすごいなぁ。みなさんも忘れずに携帯してくださいね。いざって時に便利です。

で、Stefanさんが上手くイビルジョーを分断してくれたりして、比較的危なげなく狩れた。たくさんペッチャンコにされたんだけどね!!!



で、Stefanさんはここでご就寝。
ここからは後編にて。

妙な取り合わせだな…。

捨丸『あそーれ! あそーれ!』
直江兼続『あそーれ!』
伊達政宗『妙な取り合わせだな…。』
真田幸村『冗談じゃねぇぞ、この野郎ー!』
奥村助右衛門『はぁ……。』


この一連の流れが、やっちゃん、ケンシロウとの定番ネタになりつつあります。アキラです。ご存知の方はご存知かと。パチスロ花の慶次戦極し傾奇者の宴〜の演出を組み合わせたものです。なんでこれを知らない人の方が多いであろうに書いたかというと、本当に妙な取り合わせ、というか奇跡的な取り合わせになった日があったんですよね。


最近、私事の小説を書きながら部屋を立てて狩りに勤しんでおります。翌日友人の結婚式だというのに筆者は何をやってんだろうという愚問は犬に食わせます。あ、いやでもその、結婚式は感動しました。で、だ。しかしその日は全然人がこなかった。もう日付が変わっていたと思う。やっちゃんと二人、部屋にたむろしながら前述の小説を書く筆者。吸血鬼は恋をすると、その相手の血しか飲めなくなり、結果餓死してしまうという小説を




リーが入室しました。









ファァイ!?


リーさんが来てくださった!
随分と久しぶりである。相変わらずハンターランクで絞って検索し、見つけ出して来てくださっております。いやはや、本当にありがたい。見ればギルドカードの勲章はほとんどコンプリート状態。足りない勲章はなんと二つ名のウルクススとレベル50のオトモ5匹のみ。もはや時間の問題である。筆者はいつも最小金冠で挫けるので、コンプリートをしたことがないです…。はい…。

で、いつも通り何に行く合戦が始まり、リーさんが『みなさんの二つ名とか行きますか?』と提案してくださったので、ありがたく我らのやっちゃんが貼らせていただきました。筆者はさっそくクエストボードに行ってクエストを受注…



飢餓イビルジョー2頭





これ二つ名

じゃねぇ!


大ボケをかますやっちゃんにツッコミを入れつつ、面白く楽しく狩りができれば何でもいいので我ら3人は闘技場へ。それにしてもまぁ、思ったよりもドタバタしてて難しい(笑)  なんかもうあんまり覚えてないんだけど、それでも唯一印象に残っているのは



リーさん
『もぐもぐされてます』


これ(笑)
飢餓イビルジョーはフツーの噛み付きに拘束判定があるので、ハンマーで頭を叩きまくっていたリーさんがしょっちゅうもぐもぐされていた記憶がある。もぐもぐといえば、やっちゃんとケンシロウ、筆者は家が近くて、たまに集合しては顔を付き合わせて狩りをしていたりする。で、やっちゃんがどっか行って帰って来るたびに何かをもぐもぐしているので、筆者はリーさんが『もぐもぐされてます』と発言する度に…

って関係ねーよこれ。
でまぁ、なんやかんや負けたんだよね。
それで、このクエストをやってる途中になんとまぁ珍しく70さんが入室!

ちょっと前の日記で猫怪人さん睡眠爆破サッカーなる遊びというか、戯れをしていた人である。その人が入室されていた。この人も勲章はコンプリート、もしくはほとんどコンプリート状態だったな。



リーさんと70さん…
妙な取り合わせだな…


ある意味、奇跡的な組み合わせだと思う。
まず、リーさんも70さんも滅多に入室して来られないので、筆者はいたく感動した。で、70さんも含めて飢餓イビルジョーにリベンジ!

颯爽と闘技場へ突入する筆者。
次の瞬間には白いモヤがかかる筆者の画面。

誰かが

けむり玉を

使っている!




その瞬間に筆者は
『あ、やっちまった!』

と、申し訳ない気分に。
2頭同時に相手するのは骨が折れるので、1頭ずつやろうとしてのことであろう。だが、筆者はみんなとは逆の方から闘技場へ入り、2頭ともに見つかってしまっている。けむり玉作戦は失敗したのである。


それからしばらく狩りを続けていた。と、筆者は妙なことに気がついた。2頭に見つかり、乱戦になっているというのにけむり玉の白いモヤが一向に収まる気配を見せない。だいたい1分くらいで効果が切れるはずなのに。すると筆者の視界にけむり玉を炸裂させる70さんの姿が……。






この人かッ!



どうやら、2頭を分断するのが目的ではなく、ただ単に視界を悪くして難易度を上げるのが、本当の目的だったようだ。

初代沼地のようになってしまった闘技場。視界が悪すぎてイビルジョーの細かな動きを見落としてダメージを受けてしまう。それ考えたら昔のモンハンってすごかった。


いや、筆者の申し訳ないと感じた罪悪感返せ!



もう、勝ったんだか負けたんだか、それすらも全く覚えてないわ。でー、アレは誰が発端だったんだったろうか。見た目装備で獰猛化イビルジョーに行こうっていう話になって、筆者はタマミツネの太刀を背負った真っ白な女神様装備を着てきた。



見た目装備といえば、だいたい可愛かったり綺麗だったりするんだけど



リーさんと

70さんは

話が違う。



それがこちら


f:id:schilf:20160627134117j:image


リーさん
『この、ダサさがいい!』
f:id:schilf:20160627134147j:image



70さん
f:id:schilf:20160627134158j:image



ああ、ここに我らがケンシロウをぶち込んでやりたい。で、ね? アレなんだよ。これはまんまとiPhoneが電池切れだった筆者の代わりにやっちゃんが撮影してくれたんだけど、デブネコがずっと筆者を見てるの!

後頭部じゃなくてド正面でめっちゃ視線感じるの!



f:id:schilf:20160627134233j:image

こっち見んな


ま、イビルジョーには負けたんだけどね(笑)
楽しかったので、それでも良かった(笑)
いやー、笑った笑った。

f:id:schilf:20160627134311j:imagef:id:schilf:20160627134331j:image





追伸


やっちゃんが、白金魚だか、錦魚だか何だかを釣りに行きたいそうなので、是非ともLYNXさんとStefanさん、手伝ってあげてください(笑) 魚が大得意ハンターさんと魚が大苦手ハンターさんを交えた釣り合戦を検証してみたいとおもいます(笑)

苦手分野

人には絶対に苦手なものがあると思うんですよ。
具体的に言えば、筆者の場合ならどうにもベリオロスの動きについて行けず、なおかつ、あの小顔をハンマーで上手く叩けずにもんどりうっています。まぁ、今作ではベリオロスは登場しませんけどね。

苦手分野というのはモンスターだけには留まらない。我らがやっちゃん壁際が苦手分野であると言えよう。やっちゃんがオチるのは、そのほとんどが壁際に追い込まれてもみくちゃにされている時と相場が決まっている。これはもう、やっちゃんがオチた瞬間に筆者もケンシロウ『ああ、壁際だったんだな。』と察するレベルである。

他にも、ケンシロウは虫が苦手であるとか。あ、ちなみにこれはモンスターハンターの話ではなくて現実世界での話なんですけどね。いやほんとに、虫を発見した時のケンシロウの狂乱ぶりたるや乙女並みである。テントウムシすら無理らしい。飛んでいる虫なんて論外。蝶々ですら拒否。


そんなレベルで虫がダメらしい。
と、ここで本題ね。
本題というか、相変わらずケンシロウは某モンスターが苦手なんだなぁという記事なんですが。醜態は醜態ですけど(笑)


さてさて、最近ついに第64代北斗神拳伝承者となったケンシロウ。防御力300そこそこの装備で、ソロで白疾風8の討伐まで成し遂げて、破竹の勢いで猛進している。みんなもう500とか600の防具を身に付けているというのに、敢えて防御力の低い完璧な見た目装備で挑戦するあたり、流石である。


で、ケンシロウが現在装備しているのは刃牙のコラボ装備で、獰猛化ガムートを裸で討伐すると貰えるチケットを使って生産強化する双剣だ。それの最終強化にまたしてもチケットが必要になったので、ケンシロウ、やっちゃん、筆者、そして珍しくケンシロウの彼女のさっちゃんまで参戦して闘技場へ。


このクエスト。
今回のコラムの題名でもあるが、とにかくケンシロウの苦手分野である。過去にもボウガンで行って1人で4オチをキメちまうレベルでケンシロウは大苦手なのだ。そして今回もケンシロウは行く前から『爆弾大量に持ってこ〜。』などと似合わぬ発言をしているではないか。筆者は一抹の不安を抱きながら同行した。


まさかこんなことになるとは思いもしなかったので、メモを全く取っていなかったのだが、エリアル大剣のさっちゃんが乗りを決め、タコ殴りにする大チャンス到来。最近、ギルドスタイルの太刀にハマっている筆者はすかさず顔面の右横に陣取る。



気刃奥義!!!
桜花気刃斬!!!







どっかーん!



『あ″ーーーーー!!!』





なんと顔面の反対側で嬉しそうに爆弾を置いていたケンシロウの置いた爆弾に筆者の桜花気刃斬の切っ先が当たってしまったらしく、大爆発!  ケンシロウだけが吹っ飛ぶ。だが、ケンシロウ、ド根性で何とか踏みとどまっている。1オチは免れた。筆者はそのまま斬り続ける。






どっかーん!

f:id:schilf:20160620132319j:image













力尽きました




そのまま継続して爆弾を置いたケンシロウの爆弾にまたしても筆者の太刀の切っ先が当たってしまったようで、反対側で大爆発! その爆炎に飲まれて断末魔の悲鳴を残し、ケンシロウは闘技場から姿を消した。


そしてしばらくして、更にエリアル大剣のさっちゃんの乗りが決まる。で、なんか知らないけど、乗られたガムートの周りをウロウロしていたケンシロウが、乗られて暴れるガムートに巻き込まれてお亡くなりになられた。

それから更にヘビィボウガンでしゃがみ射ちをしていたケンシロウスコープ状態のまま、ガムートのダイナミックボディプレスを受けて一撃でペチャンコに。『あ、あ、あ、あ″ーーー!!!』じゃねぇよ。


で、苦手分野でその苦手さを存分に発揮したケンシロウに加え、当たれば一撃なので他3名のオチも当然あり、クエストを失敗することすること。少なくても3回くらいは失敗したような気がする。ケンシロウ、白疾風の8をソロで防御力300くらいで勝てるのに、なんでガムートには勝てないのだろうか……。

やっぱり、苦手分野ってのはあるんだなぁ。
ちなみに筆者の一番の苦手分野は上下からの、高低差をつけた攻撃です。アカアシラのヒップドロップとかね。

筆者達は相変わらずです

ファァァァァァァァイ!


すっかり暑くなりましたね。
以前にここで報告していたヒマワリも下の写真の通り大きくなりました。咲いてます。

f:id:schilf:20160615151436j:image


たぶん人型トトロ2匹が上下運動しながら『ヴァ!!!』とか言っていたのが効いたんだと思います。(そんなわけないと思うけど。いや、そうだろ。)

ではでは、久しぶりに書いてみよう。
書くといっても軽いですが。二つほど。
まず一つ目。


最近、やっちゃんが二つ名モンスターのクエストをせっせと攻略している。前までは明けても暮れても荒鉤爪ばっかりで今やその討伐数は200を超える乱獲ぶりである。だのに最近はやたら岩穿ばかりやっているのだ。筆者も時折、これを手伝っているのだが、その岩穿リレーをやっちゃんが一人でやっている時に、オマエ初心者かよ! とツッコミたくなるような凡ミスをやらかしたと報告を受けたので、晒してやるwww


レベルいくつの岩穿か分からないけど、そのクエストは岩穿と普通のテツカブラが出てくるクエストで普通のテツカブラはサブターゲットなんだよね。それで、さっそくやっちゃんは岩穿と遭遇したらしい。順調に狩りを進めて、岩穿を難なく撃破することに成功!!!



やっちゃん
『よっしゃあ!』













サブ

ターゲットを

達成しました







支給品が

届きました




やっちゃん

『ファ!?』



まさかではあるが、そのまさかである。
やっちゃんが岩穿だと思って戦っていたのは普通のテツカブラだったのだ!  そして倒すまで気づかなかったという。音楽も攻撃も違うのに!


で、そこから更に岩穿を倒したらしい。
その途中。




岩穿  突進!
ぐわぁ!
岩穿  振り向き突進!
ぐわぁ!
ぴよぴよぴよぴよ
岩穿  更に振り向き突進!

やっちゃんが力尽きました




という、岩穿の突進をフルコンボで食らってしまいオチたらしい。なんというか、久しぶりにそういう報告受けたけど、やっちゃんだなぁ(笑)かく言う筆者も相変わらず大ジャンプでぺちゃんこになってるんだけどね。



で、次の報告。

ケンシロウが第64代北斗神拳伝承者になりました。


その真相はこちらです。

f:id:schilf:20160615154949j:image


まさに、ケンシロウ
まぁ、防御力は堂々の200台なんだけどね。回避性能と持ち前の腕で上位モンスターをボコボコにしてるようだけど。


さてとさてさて、今日からちょっと筆者とケンシロウ、やっちゃんで、何やら怪しげな企画をスタートさせる予定です。ま、いつも通り馬鹿なことするだけなんだけどね(笑)


筆者も小説書きながら、ボチボチやって行こうと思います。それではではでは。



紅兜    宝纏
待ってなさいよぉ!